お知らせ

2022-06-16 08:54:00

表現を否定しない

ブログを更新しました♪

「表現を否定しない」

http://canonpiano.jugem.jp/?eid=55

 

クラシックのピアノを弾くうえで大切なのは「楽譜に書かれていることを守ること」です。

 

音量、音をつなげるのか切るのか、ペダルの有無、などなど。

 

楽譜に書いてある通りに弾くことで、表現の幅を広げることができます。

 

でも個人的には、演奏者が何歳でも、ピアノ歴が何年でも、その人がしたい表現は尊重されるべきだと思っています。

 

(ピアノをたたくとかはダメですけどね(^^;))

 

どうしても楽譜と違う表現がしたい!という子は、理由を聞いたうえでその表現でもハナマルにすることもあります。

 

そして素敵だな、好きだなと思った表現は積極的に伝えています。

 

「ここの部分、とっても素敵だった!」

 

「風がやさしくふいているみたいだった!」

 

私が感じた気持ちを、そのまま伝えています。

 

生徒さんの自己肯定感があがって「もっと表現してみよう」という気持ちがわいてくるのを感じています♪

 

 

 

E37385D8-396F-4453-9B8F-5467537C0E67.jpeg